本格派の「スパイスカレー」

移動販売車?

 

一見すると、移動販売車ですが、隣のお店で食べることができます。

売っているのは、本格派の「スパイスカレー」です。

数十種類のスパイスを絶妙に配合したといいます。

マスターは、東京のホテル「グランドパレス」でフレンチ、イタリアンを修行された本格派です。

「フレンチ、イタリアンを修行しましたが、カレーの奥深さに惹かれました。スパイスの豊富さと配合による味の深み。さらに、肉、玉ねぎ、トマトを煮込んだ時にさらに奥深い味に変化します」

「ビーフカレー」

 

ビーフカレー(800円)は、グローブスというスパイスが決め手です。

赤身のすじ肉をとろけるほど柔らかくなるまで煮込んでいます。

焦がし玉ねぎの甘み、旨味とのバランスもいいです。

 

「豚バラ肉のホームメイドスタイル」

 

「豚バラ肉のホームメイドスタイル」(800円)は、くるみとココナツの風味がします。

こちらのスパイスは、ビックカルダモンが決め手です。

豚のゼラチンを煮込んだところも奥深い味わいです。

 

「鶏挽き肉のトマトスパイシー」

 

「鶏挽き肉のトマトスパイシー」(800円)は、れんこんとグリーンピースを具材に使っています。

すべてのカレーは、ご飯を選ぶことができます。一つは、「出汁にこだわったもち麦ご飯」、もう一つは「トマトとターメリックのバターライス」です。

また、別のルーを300円で追加することもできます。

 

「かぼちゃの手作りプリン」

 

「かぼちゃの手作りプリン」(300円)は、黒砂糖を使ったところが味の秘訣だそうです。

他に「ミニスープのポタージュ」(200円)は、じゃがいも、玉ねぎ、豆乳からつくります。

バターやヨーグルトにいたるまで、材料に添加物を一切使っていない「無添加」も、このお店の自慢です。

福神漬けまで「無添加」だそうです。

「ポディ」という、ご飯にかけるふりかけは自由にかけることができます。

 

営業時間 11:30〜日没

定休日 日曜日

電話 090−9951−7389

小山市犬塚4-10-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

次世代の2ch #CtoN

ページ上部へ戻る